トップページ > 記事閲覧
【特番】ハンターアーカイヴ〜銀色の狩人の手記〜 3章
投稿日 : 2018/09/03(Mon) 00:06
投稿者 HUNT ID[0393]
前回よりもストックが少な目なので、また日記を再開できる事を祈って、第3章行きます。
何だかんだで、要望もあったので、続けられるよう頑張りたい所です。
12345>
Re: 【特番】ハンターアーカイヴ〜銀色の狩人の手記〜 3章
投稿日 : 2018/11/06(Tue) 11:23
投稿者 HUNT ID[0393]
女神の様な女性は見る見るうちに崩れ去り、白き一角獣も、その光を剥ぎ取られ、黒い姿を露出させられる。

「台本通り、とでもいった所だろうか?その様に型にはまった化かし方だから見抜かれるのさ。」

黒き一角獣の眼が驚愕で見開かれる、そして、次の瞬間その眉間には機械弓から放たれた鏃が深々と突き刺さっていた。

黒き一角獣が黒い霧をまき散らしながら爆散する。そして、薄く傷ついた禍々しい色合いの宝玉が転がり落ちる。

・・・気が付けば、僕は霧の峡谷の地面に体を横たえていた、体に積もった枯葉を払い落とし、周囲を様子を伺った。
一体どれくらいの時間だったのだろうか、それとも、性質の悪い幻覚でも見ていたのだろうか、自分の意識が何処に行っていたのか、何を見ていたのか反芻する。
しかし、浮かび上がるのは曖昧な物で、確固たる形状も無く、今なお記憶から零れ落ち失われつつあった。

何を見ていたのかはもう判らない、取り残された高揚感と、いつの間にかその手に握られていた夢魔の心核だけが、今その身に起こった現象の残滓を象徴していた。

霧の峡谷で仮初の死を経験した僕は、何処か晴れ晴れした気持ちで、ムタンの街へ戻る事にした。

眠りに落ちる様に違和感の気配すら感じさせずに、気が付けば、それを受け入れない術は無くなっていた、たとえ話ではあるが、良くある話であるのだろう。
Re: 【特番】ハンターアーカイヴ〜銀色の狩人の手記〜 3章
投稿日 : 2018/11/06(Tue) 11:21
投稿者 HUNT ID[0393]
気が付けば、僕は霧の峡谷の地面に体を横たえていた。
不意に体を起こすと、死の峡谷の様に木々が枯れ果てており、森に住む生物たちが白骨死体として横たわっている。
よろよろと、痛む体を引きずって、死の臭いに満ちた霧の峡谷を歩き続けた。
その道中、見知った者の服を着た白骨死体、腐り果てて土色になったギルド仲間の冒険者、セナルスを去った旧友の惨殺死体などが、転がっていた。

あり得ない、何かの間違いだ。
深い霧に包まれて今自分がどこを歩いているのかすらわからない、しかし、急に視界が晴れわたり、美しい花畑が現れた。

そこは、まるで楽園そのもので、美しい鳥や白き一角獣、薄布を纏った子供たちが、花畑で戯れていた。

僕に誰かが近づいてくる、白き一角獣を連れた女神の様な美しい女性だ。
「長旅で疲れたでしょう、さぁこちらへ・・・」「ずっとここに居てもいいのよ?」
彼女は慈愛に満ちた微笑みを僕に向けて、手を差し伸べてくる。

とても美しい世界だ、楽園と言っても良い、その様な場所に何時までも居て良いと言うのだろうか?僕は、女神の様な女性に手を差し出した。
「爆ぜろ、そして荒れ狂え」
手に握られていた緑色のオーブは術者の魔力と反応し、緑色の閃光を発しながら爆ぜ、全てを蹂躙する暴力的な気流を発生させた。
Re: 【特番】ハンターアーカイヴ〜銀色の狩人の手記〜 3章
投稿日 : 2018/11/06(Tue) 11:20
投稿者 HUNT ID[0393]
黒い霧を発生させ僕を包み込もうとするが、トルネードのオーブを発動させ、霧を吹き飛ばし、追撃に機械弓を放つ。
一角獣の姿を形作っていた黒い霧は霧散し、ナイトメアの核が露出し、寸分の狂い無く機械弓の鏃が命中し、宝玉の表面に傷をつける。

一瞬、空間が陽炎の様に揺らぐと、ナイトメアは姿を消しており、辺り一面が白い霧に包まれる。黒い霧の様に睡魔を呼び込むものでは無い様で、ただ単に煙幕を張っただけなのだろう。

背後に強烈な殺気を感じると、振り向く前に盾を構えていた。
金属音を立てて盾に衝撃が走る、実体を伴った一角獣の頭突きが、盾に打ち付けられるが、表面を薄く傷つけるだけで、完全に威力を殺された。

盾を引き、既に装填されていた機械弓を黒き一角獣に放つが、霧状になり、鏃が空を貫く。
寒気を感じると同時に、強烈な睡魔に襲われる。しまった、実体化による物理攻撃は囮か!
僕はいつの間にか、体中に黒い霧がまとわりついていた、ナイトメアの浸食を許してしまったのだ。
体中の神経が悲鳴を上げる、強烈な嘔吐感、眩暈、動悸などを引き起こし、同時に体の自由を奪われる。
Re: 【特番】ハンターアーカイヴ〜銀色の狩人の手記〜 3章
投稿日 : 2018/11/06(Tue) 11:19
投稿者 HUNT ID[0393]
ログ120
悪夢と悪霧

悪夢とはいったいどこからやってくるのだろうか?
過去のトラウマ、身近に迫る脅威への警報、記憶の悪戯、違和感、どの様な物を上げてもきりが無く、答えが出たためしがない。

唯一つ言える事は、眼前に迫る黒き霧の獣は、悪夢そのもの、悪夢の化身であると言えた。

死の臭いが染みついた不毛の地を抜けた先には、一年を通して霧に覆われた峡谷が広がっている。
死の峡谷の様に、干からびた草や朽木などは、ほとんど見られず、霧から水分を得ているのか、深い森が広がっている。
森の木々が、クッションになってくれるとは言え、時折崖の上から落石が降って来る事もあり、気が抜けない場所だ。

ノルツ周辺の湖や氷河地帯でも目撃される霧の魔物やその大型種、収斂進化の果てに霧状に変化するウーズ等、他では見られない魔物が生息しているが、中でも目撃例の少ない危険種がこの悪夢の化身である。

ナイトメア、見る者によって異なる姿を現し、旅人を幻惑する悪夢の怪物、黒いユニコーンの様な姿であったり、黒き霧を纏う宝玉であったりと、その姿かたちは一定しないが、たった今、あいまみえたナイトメアは黒き一角獣の姿をとっていた。
Re: 【特番】ハンターアーカイヴ〜銀色の狩人の手記〜 3章
投稿日 : 2018/10/29(Mon) 22:08
投稿者 HUNT ID[0393]
「そうか、君たちが牛鬼の犠牲になった・・・・君たちは牛鬼の肉体から解放されたんだね。」

頬を熱い何かが伝う感覚がする。

『ぼくたちのほかにも、まだたくさん、ともだちが とじこめられているの・・・だから、そのこたちも たすけてあげて・・・ありがとう・・・ありがとう・・・。』

牛鬼の体から粒子の放出が止まると、迷宮を満たしていた星屑たちは、迷宮の壁に吸い込まれるようにして消えていった。
あの子たち以外にもまだ囚われている魂が存在する?それは一体・・・だが、しかし、牛鬼は確実に倒したのだ。まだまだ腑に落ちない点はあるが、彼らの魂を救う事が出来、満たされた心で迷宮を後にした。
Re: 【特番】ハンターアーカイヴ〜銀色の狩人の手記〜 3章
投稿日 : 2018/10/29(Mon) 22:04
投稿者 HUNT ID[0393]
振り下ろした腕が伸び切った所で、防御不可能な胴体に鏃を叩き込み、血が噴き出る。牛鬼が斧を振り回すのを止めてタックルして来れば、トルネードのオーブで通路の奥に押し込む。これを何度も繰り返している内に、ついに耐久限界を迎えたのか鋼のように丈夫な牛鬼の胸板を破壊し、鋼鉄の鏃が突き刺さる。

心臓を破壊された牛鬼は、顔の穴と言う穴から血を吹き出し、迷宮の床に崩れ落ち、完全に沈黙する。

勝った、迷宮の奥深くに封印された禁断の魔物を遂にこの手で倒したのだ!心の底から湧き上がる歓喜の思いと、今まで犠牲になった子供たちへ悲しみが入り混じり、神妙な表情で牛鬼の屍の前で立ち尽くす。

『ありがとう・・・・ぼくたちは、もうすでに ここにいないけど・・・・きみがしてくれたことを ぼくたちはわすれないよ。』

気が付くと、牛鬼の体から青白い光の粒子が舞い上がり、迷宮を無数の星屑が満たした。そして、声ではないが意思の様な物を直接僕の心に伝えてくる何かがそこに存在した。
Re: 【特番】ハンターアーカイヴ〜銀色の狩人の手記〜 3章
投稿日 : 2018/10/29(Mon) 22:02
投稿者 HUNT ID[0393]
僕が準備を終えるか負えないかの間に、瓦礫が弾き飛ばされ、全身血まみれの牛鬼が姿を現す。目の焦点は定まらず、目は血走り過ぎて真っ赤に染まり、自分の拳を握りつぶさん限りに血を滴らせつつ斧に力が込められている様だ。

強大な力を持つ魔物が持つことが多い特性「狂暴化」、例にもれずこの牛鬼もその特性を持っている様だ、これは先ほどよりも油断ならない相手になった。

牛鬼は相変わらず巨大な斧を振り回しながら突進してくるが、その動きは先ほどとは段違いに早く、そして重い、あんな物をまともに受けたら即死は免れないだろう。

少しでも相手の動きを阻害する為に、広場にやって来た時の細道に逃げ込み、牛鬼の斧の可動範囲を狭めようとするが、壁を破壊しながら牛鬼は斧を振り回してくる、  化け物め。

走る速度は僅かにこちらの方が上だ、ドラゴンと戦いに明け暮れた甲斐もあったと言う物だ。直線コースになれば射程距離のある機械弓の方が有利だ、牛鬼は強引に壁を破壊しながら道を広げて突進してきているが、速力は目に見えて低下しており、逃げながら機械弓の再装填を行う余裕すらあった。
Re: 【特番】ハンターアーカイヴ〜銀色の狩人の手記〜 3章
投稿日 : 2018/10/29(Mon) 22:01
投稿者 HUNT ID[0393]
充血した目をこちら向けながら、ふしゅー・・・ふしゅー・・・と鼻息を荒げる巨大な牛の化け物が壁の穴から現れる。以前相見えたときよりも体に傷がついているので、僕が調査を行った後も冒険者たちが迷宮に入り、この牛鬼と戦ったのだろう、その冒険者たちが無事に逃げ延びてくれれば良いのだが・・・。

戦いは唐突に始まった。牛鬼がその巨体からは想像できない程の俊敏な動きで、跳躍し牛鬼の胴体ほどもある巨大な斧を叩き付けてくるが、斧が打ち付けられるよりも早く足元を潜り抜けて、そのついでに、機械弓を発射し、機械弓の先端に取り付けられた銃剣で足を切り付ける。

大した傷を負わせた訳ではないが、牛鬼の怒りを誘うのには十分だった様だ、牛鬼は気が狂ったかの様に斧を振り回しながら突進してくるが、牛鬼の足元に転がした緑色のオーブには気付いていない様子だった。

次の瞬間、牛鬼が真上に吹き飛ばされ、荒れ狂う暴力的な渦が、洞窟内部を蹂躙した。牛鬼は何度も洞窟の壁に叩き付けられ、最後には天井にぶつかると、そのまま洞窟の一部が崩落して、牛鬼が生き埋めになる。

昔の僕なら倒しただろうと、思い瓦礫に近づく愚を犯していた所だが、地下迷宮に封印された化け物がこの程度で倒せるとは思っていない。流れるような動作で、薬莢を排出して、鏃を再装填し、次のトルネードのオーブをベルトにセットした。
Re: 【特番】ハンターアーカイヴ〜銀色の狩人の手記〜 3章
投稿日 : 2018/10/29(Mon) 21:59
投稿者 HUNT ID[0393]
この迷宮には、この監守の他にも炎の魔法を操る砂人間が多く徘徊しており、迂闊に歩き回っては不意打ちを受ける事もあるので、索敵はしっかりと行う必要がある。牛鬼を封じる迷宮と言うのもあり、普段以上に警戒するべきだろう。

迷宮を守る砂人間を何体か倒したころに、洞窟の奥から身も凍るような恐ろしい咆哮が聞こえてくる。サーチのオーブで感覚を研ぎ澄ませ、鳴き声の聞こえてきた方向に意識を向けると、鈍器の様な物で何かを殴りつける様な音が聞こえて来た。

いつでも発動できるようにベルトに固定しているオーブをファイアーボールからトルネードに切り替えると、機械弓に太めの鏃を装填して、限界まで弦を引き絞る。

牛鬼との決戦を挑むために準備を万全に済ませると、風の様に迷宮を駆け抜け、牛鬼の元へ向かう。細長い通路を抜けると、天然洞窟の大きな空洞に出て、視界が一気に広がる。

鳴き声の主である牛鬼の姿が見えないので、周囲を見渡していると、壁をぶち抜きながら、砂人間が吹き飛ばされて、数回床にバウンドすると、砂の様に崩れ落ちる。
Re: 【特番】ハンターアーカイヴ〜銀色の狩人の手記〜 3章
投稿日 : 2018/10/29(Mon) 21:51
投稿者 HUNT ID[0393]
粘液を飛び散らせながら宙を舞った岩の塊は、壁にぶつかるとともにゲル化し、壁を這いずり回りながら僕に襲い掛かって来た!この迷宮でしか存在を確認できていない土属性のウーズ、サンドウーズだ!飛び掛かって僕に張り付き血をすすろうとしているのだろうが、そうはいかない。

タリスマンの昇華で得られたフレイムアローのオーブを用意すると、飛び掛かるウーズに投げつけ、オーブが割れるとともに現れた炎の矢がウーズに命中し、そのままウーズごと壁にぶつかり小さな爆発を発生させる。

体液を飛び散らせ、一気に干乾びて岩の塊の様な物になったウーズを回収すると、迷宮の調査を再開した。

天然洞窟を暫く歩ていると、再び煉瓦で補強された人工的な場所にたどり着くと、どこか鉄の錆びた様な臭いが漂ってきた。子供を監禁する為の牢獄部屋にやって来た様だ。

所々、黒ずんだ壁を眺めながら、眉間にしわを寄せていると、目の前に棘のついた鞭が打ち付けられる。ローブを身にまとった人物が目の前に立ちふさがり、棘付の鞭を振り回しながら襲い掛かってくる。

鋭く撃ち込まれる一撃を盾で弾きながら距離を取り、機械弓を発砲し、牢獄の監守に風穴を開け、追撃にファイアーボールを叩き込む。ローブの監守は砂の様な物体になり崩れ落ち、迷宮の床にその体をぶちまけて、沈黙する。
12345>

- WEB PATIO -